レンタルサーバー比較サイト「レンタルサーバー比較ナビ」

レンタルサーバー比較ナビ

HOME >  レンタルサーバーを選ぶ基準はスバリこれだ!

・レンタルサーバーを選ぶ基準について解説しているページです。

 レンタルサーバーを選ぶポイントは業界標準知ることにある!


いざ、サーバーを借りようと思い、レンタルサーバー比較サイトにアクセスし、さまざまな情報を見るがイマイチ分からない。

こういう事ってありますよね。ほとんどのレンタルサーバー比較サイトは、広告料が高いサイトを上位に表示しているためあまりあてになりません。


 ズバリ!標準は【さくらインターネットのスタンダードプラン!】


基準としてWordPressやMovable Typeなどのサーバーインストール型ブログやXoopsなどのCMS(コンテンツマネジメントシステム)、ネット上で配布されている各種CGI・PHPスクリプトなどは、「さくらインターネットのスタンダードプラン」での設定方法を解説している事が多いからです。

もちろん、さくらインターネットの会員数が多いこともありますが、多くの人は「さくらインターネットのスタンダードプラン」を標準的なプランとみているようです。

また、これ以上の機能を求めたい場合は、法人向け・高機能レンタルサーバーを選ぶケースが多いです。


 無料&格安レンタルサーバーはどうなの?

無料レンタルサーバーは、基本的に広告表示が出るものがほとんどで、SEOも弱いし事業用(お店)のホームページなどは、ユーザーの信頼を損なう危険性があります。

一方の格安有料レンタルサーバーも転送容量制限や、CGI・PHPの制限などがあり動的なホームページの運用に向いていません。しかし、HTML+CMSだけのサイトなら問題ないと思います。


 海外のレンタルサーバーでの運用!

海外のレンタルサーバーを運用し、コストを抑える事が出来ます。

しかし、諸々の犯罪やトラブルに巻き込まれた場合、基本的に刑事告発も出来ないし、日本の警察も動いてくれません。

おまけに、サーバーの中の自分のデータを盗まれても泣き寝入りしないといけないというリスクもあります。全ての事を自己責任で処理しなければいけません。

出来るだけ、日本国内にデータセンターを所有している、日本の法人企業を選択する事をおすすめします。


 マルチドメインを活用する!

全体的にマルチドメイン機能を利用されている方は、エクスサーバーを使っている人が多いようです。

マルチドメインとは、1つのアカウントで複数のドメインが利用できるサービスです。 つまり、このサービスを利用すればドメインの違う複数のホームページを運営する事ができます。 またドメインごとに複数のアカウント契約をする必要がないので経済的にもお得です。

しかし、サーバートラブルなどの障害が発生すると、ご自身が管理されている全てのサイトが閲覧できなくなるリスクもあります。

出来るだけ、複数のレンタルサーバサービスを利用し、リスクを回避するよう心がけましょう。

 LINK

「レンタルサーバー比較ナビ」では、お手ごろな格安レンタルサーバーや高速で安定 した専用ウェブサーバーなどをご紹介しています。新規ホームページを作成される方や現状のWEBサーバーに、ご満足いただけない方は、是非、この機会に新たな導入プランをご検討ください。

 レンタルサーバーガイド
 初心者向けサーバー
 中級者向けサーバー
 法人向けサーバー
 ショッピングカート
 ご利用案内
 インフォメーション
このサイトは、Internet exploler8以上でご覧下さい。Netscapeでは動作を確認していません。サイト内の文章・画像・その他コンテンツの無断転載を禁止します。このサイトはリンクフリーです。
Copyright (C) レンタルサーバー比較ナビ All right reserved